「あなたが寝てる間に」

1955年アメリカ映画

サンドラ・ブロック演じる天涯孤独の独身女性が本当の愛をつかみとるまでを描いた、笑いあり涙ありのハートフルラブコメディ!

(あらすじ)

シカゴの地下鉄で働く天涯孤独のシングルウーマン、ルーシー。

毎朝改札を通るエリート弁護士、ピーターに好意を寄せるが、話かけることも出来ずただ見送るだけの毎日。

しかしそんなある日、ルーシーは不良に絡まれて駅のホームに転落したピーターを救いだします。

付き添いで訪れた病院で、一人の看護師からルーシーは彼のフィアンセだと勘違いされてしまい、病院にかけつけてきた彼の家族にピーターを救いだしたフィアンセだと紹介されます。

昏睡状態が続くピーターをよそに、彼の家族とどんどん親しくなっていくルーシー。

天涯孤独だったルーシーは、はじめて家族の暖かみに触れ、幸せを感じていき中々本当の事を言い出せなくなってしまいます。

はじめに唯一ルーシーを疑っていたピーターの弟ジャックとも、少しづつ打ち解けていき、次第に心惹かれあう二人。。

ピーターが昏睡状態の間にすっかり家族の一員のように親しくなっていったルーシー。

そんな中、ピーターが昏睡状態から目覚めて、事態は一転。

この映画はラブストーリーなので比較的女性向け。
でも、ガチガチのラブストーリーではなく、笑いあり涙ありのヒューマンドラマになっているので、恋愛系が苦手な人も、見ていて飽きない内容になっています。

はじめから最後までテンポよくストーリーが構成されているので、ストレスなくずっと楽しんで観賞できます。

主演のサンドラ・ブロックの、ピュアでコミカルな姿も可愛くて、目が離せないのも見どころ!

ピーターの家族もとってもユニークで愛に溢れています。

家族がずっと勘違いしている場面はコメディ要素が満載で、ついつい声を出して笑ってしまいます。

家族っていいなと思う瞬間も沢山。

ルーシーとジャックの恋の行方も気になるし、素直に感情移入もできるので、こんな恋がしてみたいと思われる方も多いはず。

笑いどころも満載で、しかも最後は泣かせてくれます。

ハッピーな気分になりたいときは、やっぱりラブコメディをみたくなりますよね。

「あなたが寝てる間に」は、見た人みんなの心を暖かくしてくれる映画になっているとおもいます。