この映画は、1999年、僕が専門学生の時に発売されて映画で、DVDを買って何回も見た覚えがあります。

白人至上主義の意味はあまりわかっていなかったですが、とりあえず江戸殿―トンになりたくて、

この時はトレーニングしていて、頭は坊主で、髭は生えない体質なので、なかったですが、いつもタンクトップを着てエドワードノートンのポーズを真似していました。

このとき、ステロイドを使って身体を大きくしたという噂がありましたが、実際どうだったのか、次の映画の時は小さくなってました。

役者のプロ根性はすごい!

あらすじは、

白人至上主義(KKK)っているんですかね、その人たちの物語で車泥棒を殺したこによって、刑務所に入り、仲間と合流。

エドワードノートンは、まじめに思想を追及していたので、刑務所の中で仲間が、お金の為に、その信念を曲げている事に対し、嫌悪感のみせ、仲間たちに裏切られ、それを助けてくれたのが、迫害していた黒人だったことで、信念の間違いに気づく。

刑務所から出て来ると、弟がいい感じの白人至上主義に出来上がっており、 エドワードノートン は、弟を改心させようとする。

学校で友達を助けたことによって黒人に目をつけられて、

最終的に、弟はその黒人に殺されるという衝撃的な最後になる。

内容的には、なかなはよくある映画の流れではあるが、 エドワードノートン が出ている事と、現実にこの様な迫害がこのご時世にあることも驚きだった。

ですが、最終的に、自分の行いは消せない、そしてや他事は返って来る。

謝れば許してくれるという世界は無い。

また、自分が改心しても周りは許してくれないし、自分が改心したとしても、同じように迫害し続ける人たちはいてるので、現状は何も変わらない。

ならば、この世の中はどうすればいいのか?

僕が出した答えは、「触らぬ神に祟りなし」というのが、結果でした。

車の免許の更新かないかで、「AED」か何かの勉強をした。ときに、ブラジャーをはずした人が、非難を受けるという事がありました。

その女性は、難を逃れ生き延びましたが、ブラジャーを外されたことにご立腹だったようです。

1秒を争う場面で、生き延びたことによって、怒られる。

会ってはならにことですけど、こんな子もあり得るのだな。と。

人助けすることも、難しい。

エドワードノートンの世に、改心したのであれば、近寄らないことが一番だったのかもしれないし、近寄らないのが一番安全なんだなと。

この家がからたくさんのことを学びました!

最後の広告です:メタバリアsの飲み方